せちもとこむBlog

「歌う踊り子 夏川あき」であり「歌手セシルギリコ」である「瀬知素子」のブログ。

カテゴリ: レビュー的。

皆さまおはようございます。
熱、下がりました!!(ー▽ー;)
今更ながら、数々のイベント報告です。

27日をもって、おかげさまで
怒涛の8日間が終わりました。

20日フラット、21日みろく横丁、
23・24日新むつ旅館、26日わっち、27日三沢。

なぜにいつもこんなに詰め詰めになってしまうのか。
バカなのか(正解)。
 
---------- 
御礼の記事や、ご感想へのコメントを
すぐに書けなくてごめんなさい。
 
いやはや久々の知恵熱かと思ったら、
全部終わった途端、さらに高熱&諸症状も
一気に来まして、むっちゃ風邪でした。
 
人と会う仕事はなんとか踏ん張れても、
一人になって画面とか見てると
もう頭グラグラだったのですが、
facebookにアップされた、 
皆様の温かいレビュー記事や
感想記事が本当に嬉しくて、
モーローとしながらも
全部読んでしまいました(寝ろよ)。
 
しかしコメントから元気をもらったおかげで、
昨日の朝方、なんとか微熱&鼻水まで落ち着き、
全然元気になりました〜〜!
ほんとバカでごめんなさい〜!
これから、一つ一つ返信していきますね!
(溜まった仕事の合間に…(T-T) ) 
 
----------
いつも来てくださる方、
初めて予約してくださった方、
この8日間何度も足を運んでくださった方、
遠い所から来てくださった方、
来られずともエールをくださった方、
シェアしてくださった方、
宣伝してくださった方・・・
本当にありがとうございました!!
 
各イベントで
「来てよかった!」
「初めての体験だった!」
「また来たい!」
などと言っていただいたほか、
改善点など様々なアドバイスもいただけ、
今後の指針となる数々のお言葉が
心に染みる8日間でした。
 
----------
えー、
前置きが長くなりましたが、
まだまだ先は長いです。
 
以下、一つ一つのイベントについて書かせていただきます。
楽しくおかしくいいところだけ抽出したいのですが、そうはいかず(笑)
私の自戒も込めての、感謝の長文です。。。
 
↓ 続きを読む、をクリックしてお進みください。 
 

続きを読む

夏川→ギリコナイト、
終わってみれば結構なお客様に来ていただきました!!
ドルチェ以前からのファンの方もだけど、
ドルチェで出会った方々も何人も来てくれて・・・
うれしいなあ。。。
みんな、ありがとうございますm(_ _)m 
 
名前を変えるということは、
小さいことのようで意外と気合の要ること。
活動の方向性や意味合いが変わるというだけではない何かがある気がします。
 
名は体を表すと言います。
名前が変わるということは、その本体も別物になるということ。
私は、「セシル=ギリコ」→「夏川あき」→「瀬知素子」と変わってきました。そしてまた、「ギリコ」も復活の兆しです。
 
「夏川あき」のファンを「瀬知素子」や「ギリコ」が引き継げるのか。満足させられるのか。
「瀬知素子」のファンは、「夏川あき」をどう見るのか。引きずっていると取られるか、夏川あきを経たからこそと思ってもらえるのか。
 
そして、「瀬知素子」で行くと決めた私が、「ギリコ」の部分を作るということの意味と意義は。。。
 
 
以下は、ふだんあまり書かない自分の内面のいろいろです。うんこです。
便秘が続いてすんごく長くなっちゃいましたので、暇ツブシをお探しの方はどうぞ。。。
 
 
◆いろいろ飛びつく2つの理由
私はおそらく、端から見たら、かなり無鉄砲に八方美人に、いろんなジャンルに手を出している欲張りさんに見えると思います。
その理由は、ざっくり2つあります。
 
ひとつは、私にとって、イベントもデザインも歌もショウも司会も、ひとつの同じことだから。
自分でも不思議ではありますが、きっと「なんのためにやっているか」が一緒なのです。
 
「八戸をこういう街にしたい」というビジョンがあって、そのために、私にできることはなんでもやりたいのです。
で、やってみた結果、私以上にできる人がいたらその方にお任せして、まだ私しかやってないこととか、他の人にやれないジャンルがあったら、続けてみる。そして、それを見た人がひとりでも、面白い!とか、これやってみたい!と思えたら…、と考えているんですね。
 
しかし未熟さゆえ、手を出しすぎてあっぷあっぷになることが多く、みなさまにはご迷惑をかけ通しですが・・・。
 
そしてふたつ目。
東京のアングライベント界では、「じゃあ来年考えよう」という感覚はほぼありません。その演者が来年も東京にいて演者をやってる保証はどこにもない。演者も、主催から声がかかる保証はない。
私はそんな世界しか知らないため、思いつくと「いましかない!」と飛びついてしまうのですね・・・。
 
 
これらの理由で現在は常にタコ足配線になってる私ですが、「地元に根をおろす、ということは、長い目で考えることができるんだ」ということがだんだん分かってきたところですので、もう少し見守っていてください(汗)
 
 
◆八戸で初めてオトナの階段を昇ったワタクシ
八戸に来るまで、私は「頼まれたことを精一杯こなす人材」でした。博士に命令されて命令以上のことをしちゃうフランケンのようなものです。いろんな方に、便利に使ってもらい、私も知らなかった私の才能や能力を目覚めさせていただきました。それはもう指示した方が驚くくらいに(笑)
 
踊り、演技、火吹き、コント、男役、チラシ作り、音源編集・・・。どれもこれも、誰かに「やってみてよ」と言われて挑戦したものばかりです。
 
そして、八戸に来て初めて、「自分で何かをする」ことを始めました。私の「自分発 第一号」は、「八戸マノンde演芸ショウ!!」です。
座長的なことは何一つ経験がなかったため、(そして東京では、ろくな打合せも資料もなく勢いだけでみんなバーッとやっちゃうイベントが多かったものですから)いろんな方に気苦労やご心配をおかけしてしまいました。
 
それから何度かイベントを経験し、暗中模索でやってきましたが、今年に入り、少し、「時にはスタッフとして、時にはリーダーとして、みんなと協力して物事を進める」ときの感覚が分かり始めてきたように思います。
 
それはそのまま、「八戸の人」として受け入れてもらえ始めたのかなという感覚とイコールに感じます。

去年までは、自分にも相手にも、少しお客さん的な感じがあったと、いまになって思えるのです。
私が、どこまで入り込んでいいのか分からなかったため、みんなもどこまで受け入れていいか分からない、そんな感じだったのではないかと思います。

今年に入り、地面に落ちていただけのモトコ種から、少し、根が八戸の地中に伸びたのかな、そう感じるのです。
 
 
◆ギリコへの回帰
そうなった時に、「瀬知素子」の中のアングラ的な部分を「ギリコ」として表現していこうと思い立ったというのは、逆にいまの私の「きちんと”瀬知素子”に成りたい」という思いの表れなのではないかと思います。
 
いままでアンダーグラウンド側のみに居た「夏川あき」が「瀬知素子」になったとき、私の世界はオーバーグラウンドに広がりました。その「瀬知素子」で、両方の世界を網羅したいと思いました。
 
が、なんとなく、そんな瀬知素子は嘘くさいんじゃないか?と感じ始めたのです。その瀬知素子は、芸名なんじゃない?「夏川あき」を修正液で消して、瀬知素子と書き換えただけじゃん?と。
 
「瀬知素子」はあくまでも本名、本質という形でありたいと思っています。なのにいまは、芸名としての瀬知素子の中に、本名の瀬知素子が存在している感じ。キャラクターに本質が引きずられている。そんな感覚があるのです。
 
ならば・・・私の裏面、地下面を表現するキャラクターを作れば?そのキャラがあることで、本名の瀬知素子と芸名の瀬知素子は統合できるのではないか?というところで、以前の芸名「ギリコ」を思い出しました。
思えば「ギリコ」は、本名としての瀬知素子が、歌を歌うにあたって思いついた芸名。「いろいろとギリギリだから」という由来もますますちょうどいいw
 
  
◆私は誰?私はわたし?
誰でもざっくり分けて裏表、両面持っています。
瀬知素子ももちろん、両面合わせて瀬知素子なはずです。
 
しかし私はいままで、本質(本名)の瀬知素子のアイデンティティを育てずに来てしまった。正直、私がどういう人間か、私が一番わかっていませんw
 
そこで、ここで一旦、瀬知素子の中に社会的な面と歪(ひず)みの面、両方を立てることで、瀬知素子のアイデンティティを確立できるんじゃないか、という中二病的目論見を立ててしまったのです。要は本名では恥ずかしくて書けないようなポエムをペンネームで書くようなことですwww
こんなのみんな、きっと10代〜20代前半で終わらせることですが(笑)
 
あのまま東京にいれば、「瀬知素子とは?」の答えは「東京のアンダーグラウンドで夏川あきというキャラクターで様々なステージをする、東北出身のひと」だったでしょう。
「夏川あきをやってるひと」が、「瀬知素子」の説明であり、拠り所。
逆に言えば、「夏川あきって誰?」ってとき、「瀬知素子がやってるキャラクター」という説明はできないのです。
「佐藤君てどれ?」「田中君の隣の人」「田中君てどれ?」「佐藤君の隣の人」よりひどいwwww
 
そして「夏川あき」は「一般的社会性のある瀬知素子」のひずみ部分を表現するキャラではありませんでした。「アングラ的社会性のある瀬知素子」、わたしそのものだったのです。
わたしは、ある意味ひずみそのものであったが故に、ひずみを表現する術を持たなかったともいえるでしょう。
 
 
◆社会は社会で出来ている
東京では、アンダーグラウンドのみでひとつの社会であり、そこでのしきたり、礼儀作法、常識があります。演者側の人は、やろうと思えばその社会のみで死ぬまで生きていくことが可能です。ある意味、その社会でしか生きられないから、東京に出てきた人の集まりですからね(笑)
そして東京には、そういう人を受け入れられる会社や仕事もいっぱいある。才能ある人々は、様々な作品を創造し世に出しています。
ずっとその中で生きていくなら、瀬知素子は「夏川あきの中の人」でもよかったのです。
 
しかし私は無謀にも八戸に帰ってきてしまった(笑)
そして八戸に来て、私は初めていわゆる「一般的な社会」の中に立ったのです。私はおどろきと戸惑いの連続で、そのおかげで、「これは今までの社会とは違う社会だ」と気付いたのです。
 
私は17歳という年齢で、一般の社会を知らずにアングラ社会に入ってしまい、以来17年。一般的会社員の友人も多く、接客業も長く、情報へアンテナを張り、企画会社でデザイナーとしてバイトしたこともあり・・・、一般的社会を知っていると思い込んでいました。
むしろアンダーグラウンド側に立っている私から見える景色が、社会全体だと思っていたのです。
 
一般的なみなさんが、本や映像、体験談などでアンダーグラウンドを知るように、私も、テレビや映画、本や飲み屋での愚痴などでしか、一般社会を知らなかったのです。
その社会の一員にならないとわからないことって、たくさんありますねえ(笑)
 
そして今、大人になって地元を見たとき、「八戸、超面白い!」と感じて八戸に戻りましたが、そのおかげで最近やっと、「17歳だった私は一般的な社会についていけなくて東京に出たのだ」ということに気付いたのです!
だってこないだまで私は、私がいるのが今も昔も一般的社会と信じて疑わなかったのですから(笑)
 
【※1】ここでの「アンダーグラウンド」とは、私が今まで棲息してきたディープでキッチュな社会のことであり、俗に言う「アングラ芝居」などの固有名詞的な「アングラ」を指すものではありません。そして、一般社会的でないこと全てを指しているわけでもありません。
【※2】ここでの「一般的社会」とは、「健全な資本主義社会」とでもいうのかな・・・。商業ベース、企業間のビジネスと製造と流通で成り立つ、価値増加型社会のこと。で伝わるかな(; ^ω^)まだよくわかってない・・・。
 
 
◆社会と社会を足して仕合わせ
しかし、この一般的社会体験が、私「瀬知素子」に欠損していた部分を埋めることになるのではないか、と感じています。
一般的社会の中で、自分のひずみが自覚されたとき、私は自分のひずみを表現する術を持つのでしょう。歌なのか、踊りなのか、文章なのか、芝居なのか・・・。(その頃には、ギリコの名は用済みかもしれませんね)
 
そして、私の目指すところは、「ギリコ」のキャラがなくても、本質としての「瀬知素子」でひずみを内包し、無理なく、東京も八戸もオーバーグラウンドもアンダーグラウンドもひとつに考え、行動できる人間になれたらいいなあ、というところです。
 
私のようなどっちつかずの人間は、開き直ってどっちつかずを追求したらいいんじゃないかとw
何か一つを追求しようとしても、頭の中ですぐ他のものと結びついてしまうので、いっそ、その塊を大きくなるままに放っておこう、なんて思っています。
 
もちろん生活していく以上、ちゃんと地に足つける部分がないといけませんが、一般的社会を勉強し、理解し、そこに私の持つ別の社会性も足してちょっと広くしてw、私なりの地に足がつけられたらいいなと。
 
 
そして。。。
田舎の一般社会に居場所がないと感じ、親に否定されたと感じ、先生は解ってくれないと感じ、グレたり引きこもったり東京に出てしまう奇才天才バカボン達が、その私が広げたちょびっとの地に足をつくことができ、小さな社会が形成されることで地元に残れ、さらには、ちょっとはみ出た社会が存在することで、もともと地元に根付いている人たちの中の裏面・地下面をもっと発散できるような街にできたらなあ。。。そう、思っているのです。


◆さいごに
とりとめもない私事文を最後まで読んでくださった方、ありがとうございます<(_ _)>
自分の整理のために書いたようなものですが、未熟な私を見守っててくれという言い訳めいた部分もあります。。。
いろんな流れにうまく乗れないことも多々あるとは思いますが、わざとじゃないので、そういうときは教えて下さいね。
ピンと来たら、あとは早いと思うので。。。(ー▽ー;)

みなさま!13日は、新むつ旅館イベント
「廓回廊 昔がたりと花舞あそび」にご来場ありがとうございました!
来られなかったみなさまも、温かい応援のメッセージなど、本当にありがとうございます<(_ _)>

今回は年の瀬だし寒いし、そんなに来ていただけないかな〜・・・なんて思っていたのですが、蓋を開けてびっくり、90名近くの方々に足を運んでいただきました!
本当に本当に感謝感謝です。
IMG_8435 IMG_8427ぼかし

特にお昼の部は、新聞を見ていらした方々が多く、初めましての方もたくさんいらっしゃいました。
アンケートの回収率も高く、応援、励ましのお言葉、お褒めのお言葉、温かいアドバイスに、身の引き締まる思いです。

そして、なんといっても「修繕金カンパ」が25100円も集まりました!
収益からの10000円を足し、計35100円を、旅館レンタル料と合わせて女将さんに手渡しました。女将さんもとてもお喜びでした!(≧∇≦)
みなさまのおかげで新むつ旅館がますます過ごしやすい空間になっていくことと思います!
本当にありがとうございます!!
IMG_8436 12394365_526098427566763_1532123983_o

 

今回のイベントは、新むつさんでは第二弾、そして私が初めて「企画・主催」といったようなことをやり始めて、6つ目の大きなイベントでした
(一番最初がマノン・・・(^_^; )。

暗中模索から始めて、少しずつ色々なことを学んで参りましたが、事務的なことや準備的なことはもちろん、内容の面でもまだまださまざまな改善点、改良点があると思います。
試行錯誤をしつつ、徐々にブラッシュアップして参りたいと思いますので、なにとぞ懲りずにおつきあい頂きたいと存じます<(_ _)>

何はともあれ、次回はちゃんともっと早くお知らせを致します!!!
まじで脱ギリギリギリコ!!
(ギリコギリギリドットコムというドメインを解約したほうがいいかしら・・・(ー▽ー;) )

来年、暖かくなった頃にまたなにか新むつさんで企画したいなあと思っておりますので、ぜひとも、お付き合いくださいますよう、心よりお願い申し上げます。

本当に、有難うございました。

IMG_8433
 

Photo by 立崎孝史氏

P.S.
昨日は女将も着物をお召しになり、私も昔の衣装を引っ張り出し、出演者全員が着物でした!
私もちゃんとしたお着物欲しいなあ・・・(*´∀`*)

八戸が舞台の映画「ライアの祈り」
本日6月13日全国ロードショー!
いま日本で一番最先端の題材、「縄文」のロマンに思いを馳せることができる、ほかにない映画です!青森って、縄文の時代には、言うなれば首都!(笑)一番栄えていたかもと言われているんですよ〜(>ω<)

先日、八戸の映画館に、黒川浩行監督と宇梶剛士さんのトークイベント付き上映を観に行ってきました。八戸の街がとても丁寧に描かれていて、見慣れた風景も新鮮に映りました(≧∇≦)
(宇梶さんの奥さんが八戸の方だそうで。。。知りませんでした)

八戸の人々も撮影にたくさん参加してるのですが、しょっぱなから知ってる顔が次々出てきて、目を皿のようにして知り合いを探してしまいました。
しかも、通常なら劇団の役者さんがやりそうなセリフのある役も、地元の方がやっていたりして、おおお!となりましたよ。
ATVの情報番組「わっち!!」県南中継の相方、のんちゃんも冒頭からばっちりセリフあり出演!

さらに、主人公の行きつけのバー「オールドシューズ」、私も何度も行ったばかりか歌も歌ったことのあるバーでびっくり!バーテンダー役は俳優の村田雄浩さんが演じられてましたが、あとはまんまで、なんだかエキストラとしてそこに居るような錯覚に(笑)
中心街の飲み屋街、長横町と鷹匠小路をつなぐ「たぬき小路」にありますので、八戸にお寄りの際には是非。実はマスター、日本酒マニアで、すごい品揃えです。

黒川監督がトークの時に、
「八戸の人たちはすごい!画面の奥にいるエキストラの方々が、びっくりするほど自然体で演じてくれた。普通は緊張で硬くなり、ぎこちない動きになってしまうのに・・・。八戸の人々はほんとに素晴らしい!」
とベタ褒めで、宇梶さんも
「監督、役者は褒めずに後ろの人たちばっかり褒めてました」
とおっしゃってたのが、なんだかとても納得でした。
バーの後ろで飲んでる役の方々もめちゃめちゃ自然にしゃべってるし、市場のカッチャたちも、眼鏡店のお客さんも、もうまんま!
八戸の人々は引っ込み思案と言われるけど、やるときゃやるんだいっ!

八戸に興味がおありの方、縄文に興味がおありの方、ぜひ、映画館に足を運んでみてくださいませ<(_ _)>

【シェア希望!】本日!19時から、八戸ポータルミュージアム「はっち」にて、世界的トランペッター、日野皓正さんのスペシャルライブが開催されます!
ただいま入場受付開始しました。
当日券ありますよ!まだ間に合う!(≧∇≦)
前売り6000円、当日6500円です。

なんと会場では、ドリンク販売もございます。ビールやカクテルを片手に、素晴らしい音楽をお愉しみください!image

image

image

image

image

↑このページのトップヘ