せちもとこむBlog

「歌う踊り子 夏川あき」であり「歌手セシルギリコ」である「瀬知素子」のブログ。

カテゴリ: 日記的。

みなさまおひゃようごじゃいまふ。
自分で書いた上のタイトルを見て
今更あぶら汗が止まらないもとこむです。

久々のブログ更新ですが、
あえて目立たない時間に投下です(いつもじゃねーか)。

以前なんとなく匂わせていた、
私にとっての「重大発表」ですが。

ええと。
タイトルの通り、
仙台発行の東北ブロック紙「河北新報」さんの、
「座標」というリレーコラムコーナーに、
今月から月1度、全6回の連載が決まりました。た。。た。。。


たああぁぁぁ((((; ゚Д゚)))ぇぇぇえええ




・・・。

えー、コホン。失礼、電波が乱れました。

お話があったのは5月入るくらいの頃。
知り合いの、八戸支社の記者さんからお電話がありまして。
リレーコラムの執筆陣に推薦してもいいかと。
はじめは「私を題材に誰かが記事を書く」話かと思ったのですが、
どうやら私が書くという話で、にわかには信じられませんでした。

東北各県から約1名ずつ選ばれるんですよ。
どうせ受かるまいとタカをくくって推薦を承諾したら、
ちょっとして「依頼文」が届き・・・受かっちゃいました。
思えば「わっち!!」もそうだった。
ATVといい河北新報といい、東北って寛容だなあ・・・。


「河北新報社」さんは、私の人生初主催イベント、
「八戸マノンde演芸SHOW!!」の噂を嗅ぎつけ、
ただ一社、取材し、3分の2面くらいのドデカい記事を
載せてくださった奇特な新聞社さんです。

マノン当日の朝、おふろ中に知らない番号からお電話が。
シャンプーの泡だらけのまま慌てて出たのですが、
そんな状態だったので「カホクシンポウ」がよく聞き取れず、
「ほぁい?!」というマヌケな聞き返しをしたのを覚えております。

記者さんは「小さい記事だと思うんですが」と言いながらも、
演者をはじめ、観客、多くの方から熱心に取材をしてくれまして。

「あとはデスクの判断なので…万一載らなかったらごめんなさい」
なんて言ってたのに、蓋を開けたら大きな記事となったのは、
ひとえにあの、びっちり書き込まれた数ページに渡る取材メモの
なせる技だと確信しております。


それ以来、その記者さんはこのブログをチェックしてくれたり、
イベント時にもちょいちょいお世話になっていたのですが。

ブログのとある記事をお読みになった記者さん、
今度はなんと、私に「論評」を書かせることを思いついたそうで。

おそるべし河北新報。
推薦したその記者さんもスゴいが、
選考の結果わたしを残した審査員さんもスゴい。

「論評」ですよロンピョウ。
ノリ巻きにしても美味しいですよね。(カンピョウではない)

審査員さんの判断材料て、マノンの記事とブログ、
フェイスブックくらいだと思うのですが。いいのかこれで。
むしろ真面目に書いたら怒られたりして。


しかし、依頼文などを読みますと、
「あくまでも論評ですので、エッセイとは一線を画していただきたく…」
「政治、経済、文化、教育、福祉、環境など、あらゆる社会問題に対する主張・提言を…」
なんてことが書いてあるのですが。

むしろ私自身が社会問題みたいなもんじゃないのかっつー話であります。



とはいえ、社会問題側にも言いたいことはある。
きっと新聞も、そういう視点を必要としているのであろう。
踊り子にも、エッセイ連載したり物書きになっている先輩はいるし。
などなど自分に言い聞かせつつ、
せっかく頂いた機会、思い切って書かせていただこうと思います。


下に掲載情報や販売店を書いておきますので。

買ってね、河北新報。




◆私の掲載日(前期)----

7月26日(火)
8月27日(土)
9月20日(火)



◆「座標」詳細------------

「座標」自体は週に約2回の掲載。
開いてすぐの5ページ目、社説などのあたりにあります。

執筆者は東北各県から約1名ずつ選出し、月に1回ずつ登場。
1〜6月、7〜12月で総入れ替えになり、各人、半年間で全6回、
続き物ではなく、1話ごとに完結した「論評」を連載します。

今クールは全7名。
写真を見ての通り、教授だの理事だのに混ざって、
ひときわ訳の分からない肩書きなのが私です。
青森代表だとか思わないようにがんばります。。。

IMG_0508

IMG_0509
▲クリックで拡大 



◆「河北新報」販売所--------

〇はちのへ東奥・朝日販売センター
・中央店(八戸市本徒士町7-1)
・東部店(八戸市青葉1-3-8)
・西部店(八戸市小田1-5-15)

〇ローソン
三日町店・長横町店・類家店・売市4丁目店

〇サンクス 八幡店

〇八戸駅 リーテルネット2、4号店


---------------------------------------


掲載されましたら、またお知らせします。
6ヶ月間、何卒よろしくお願い申し上げます〜<(_ _)>

 

みなさまおはようございます。
暗黒レポーターのせちねぇです。
火曜日の青森県内に、夕方から夜の帳を下ろさないように気をつけます。 

みなさま、「わっち!!」ご視聴ありがとうございました!!
青森県外の方で見られなかった方、いつの日か電波が届きますように。。。(^▽^;A 

短い時間とはいえ、テレビの中での5分間というのはけっこう長いものです。
それでも初回はお伝えすることが多数あり、尺ギリギリの内容でした!

映像がこちらに来る前の「15秒前〜」も大変緊張しますが、喋ってる最中にカメラの下に出る「15秒前」のカンペも、なかなか緊張します。緊張してる場合じゃないのでドキッとはしないのですが、頭が超高速フル回転。「ま・と・め・な・く・ちゃ!!!!!」という脳内指令の下、もう「何を喋ってるのか意識しながら喋る」ことを放棄して喋ってます。この緊張状態は、舞台の上と似てますね、やはり。
無意識に近いその状態でも、きちんと喋れるように精進します(>▽<;
それが火事場の馬鹿力。人間の不思議な底力でございます。


初回月曜日の視聴率は約7パーセントだったそうで、2回目の視聴率はどのくらいだったのか気になるところです。7パーセントって言っても、青森県の総人口からすると92000人!.....((((; ゚Д゚)))!
な、なんかほんとすいませんこんなんで・・・。

★★★★★★★★
ちなみに番組放送中、ツイッターで、 ハッシュタグ「#wacchi」をつけてツイートすると、画面にツイートが流れるかもしれません。東京の方々も、「せちねぇ見たいよ〜東京にもウェブ配信して〜!」とか送ってくださると、いつの日か実現するかもしれませんwwww

※ハッシュタグは、文の最後に、スペースの後に付けると良いと思います。
(例:「八戸の情報、楽しみにしてます! #wacchi」てな具合です)

※ハッシュタグとは、共通の話題のつぶやきを検索しやすくするためのもの。
ツイッターの検索窓に「#wacchi」と入れて検索すると、「わっち!!」についてのつぶやきがずらっと出てきます!みんなで「#wacchi」を流行タグにしよう!!ヽ(*´∀`)/
★★★★★★★★

てなわけで、来週の火曜日は「はっち」の休館日につき、ショッピングセンター「ラピア」から、相方のんちゃんが生中継します!
私の出番は翌々週、4月21日!
なんと、私の誕生日!!wwwww

18歳と216ヶ月になったワタクシせちねぇが、八戸ポータルミュージアム「はっち」から生中継しますので、よろしくお願いします(^▽^)/ ☆

みなさまおこんばんわ。
今日は珍しく仕事がはかどっちゃったりしていたもとこむです。
昨日まったくはかどらなくて脳味噌がしっかり休憩したからだというのは内緒です。

新年にブログをアップしてからご無沙汰ですみません。
年末から現在にかけて、どんどん状況が変わってきております。

そして、FacebookやTwitterでほとんど「なう」的な情報を流さないワタクシ。
直にご連絡を取らない方々から最近、「いまどこにいるんだ」「神出鬼没だ」と言われますので、ここらでちょっと、近況のご報告をさせていただきたいと思います。


■八戸に居ます
現在、青森県八戸市の元実家に、ほぼ在住しております。
東京には2ヶ月に一度くらい、5日間程度戻っています。
部屋は、いまだ借りっぱなしです・・・。


■パソコンの先生
びっくりなことに、11月の半ばから、先生をしています。
パソコンというか、デザインの先生ですな。
フォトショップ、イラストレーターというデザイン系ソフトウェアの使い方と、配色、レイアウトや、デザイン概論、デッサン基礎などを、デザイン系企業スタッフさんにお教えしております。

企業の皆様、デザイン関係の派遣講師とかやりますんで呼んでくださいませ。


■デザイナー・アートディレクター
・・・
「デザインとは、情報の構築過程そのものである」との理念を掲げ、「デザインは、プロジェクトの根幹から自ずと導き出されるもの」という概念を八戸に定着させるべく活動中。
八戸と東京を拠点に、デザイン事務所を立ち上げ予定です。

・・・
現在、5月に行われる「第2回八戸ワインフェスティバル2015」に、アートディレクターとして参加。
ポスター、チラシ、チケット、当日パンフレットなどを手がけてます。
もうすぐポスターとかも公開されるはず。
こんど生まれて初めて、記者会見なんかにも出席する予定です。

・・・
「八戸市旅館ホテル協同組合」さんのパンフレットなども制作しました。
まだ出来上がってないのですが、そのうち公開できるかな。


■クラブ歌手
11月の半ばから、八戸ジャスマックビル3階の「萌(めばえ)」という高級ラウンジ?クラブ?で、歌手兼接客スタッフとして働いています。
ピアノはあるのですがピアニストがいないため、iPadからブルートゥースで音源を飛ばすシステムを導入。
ミキサーやワイヤレスマイクも導入して本格的な仕上がりに(笑)

現時点では「月火水・金」の4日間、21時から25時までの勤務です。
歌ってくれとの要望があればすぐに歌いますので、ぜひ、遊びにいらしてくださいませ。
メインボトルは竹鶴12年8000円ですが、5000円の鏡月もありますのでよろしくです。
指名料とか時間制はないのでご安心をw


■これから公開できる予定の…
ひょんなご縁から、ちょっと面白そうなお仕事に抜擢していただきました。
まだひみつなのですが、、、先方さんの気が変わらなければ近いうち公開できると思います…m(_ _)m


■歌手&パフォーマー
そんなこんなで、現在はライブ活動などは少しおとなしめですが、トークショーやらライブやら、時々やらせていただいております。



以上!
最近の瀬知素子の動向でございました!

ウェブサイトやブログ、YouTubeなども、ちょっとずつ充実させていく予定でございますので、今後ともよろしくお願い申し上げまする〜m(_ _)m

みなさまこんばんにゃ。
豆腐と納豆を貪りながら、Eテレのクラシック番組を見ているもとこむです。
ひさびさにぼーっと考え事をしていたらこんな時間になってしまいました。
オペラ歌手ってこんな姿勢でも歌えるんだなあ。。。「ホフマン物語」より。
私はポーズ切りながら歌ったけどね( ̄▽ ̄;)


さて
喪中にて年明け、新年の言祝ぎは控えさせていただきますため、今年の御礼を、この場をお借りして申し上げたい次第です。

今年は本当に、私にとって激動激変の年でございました。
新年早々からたいへん多くの皆様にご迷惑をおかけし、さらには多大なるご協力をいただきました。
本当に感謝しております。ありがとうございました。

そしてその後、様々なみなさまからのお誘いで、本当に様々なことにチャレンジさせていただきまして、瀬知素子としても大きく変化できた一年であったと思います。
さらには、この八戸の、多少の変化に一役でもかえていたら幸いと存じます。

わたくしにいろいろな機会を与えてくださったみなさま、そしてそれを応援してくださった、たくさんのみなさま。
ほんとうにありがとうございます。
まだまだ解決、決着できていないこともありますが、来年も引き続き尽力してまいりますので、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。


今年は様々なことを始めたはいいものの、そのための忙しさで勉強がついていかないこともたくさんありました。付け焼き刃はそのうち刃こぼれするので、来年は勉強もしっかりしていきたいです。もしくは、勉強なさってる方々のお力をいっぱいお借りしたいです(他力本願)。

さらに、ほんとうに沢山あった今年の出来事を踏まえまして、来年はさらなるアイデアと実行で、なんらかのカタチを形作っていきたいと思っております。
アイデアはいろいろですが、カタチを作るにはかなりの実行を伴わねばならんのでドキドキです。

ええと、いつも「今年の抱負」を考えているうちに半年は過ぎてしまうので、来年の抱負は今のうちに発表してしまおうとの魂胆でございました。
みなさま、温かい目で監視してくださると幸いです。


やりたいことは本当に様々ですが、最終的にどこを目指しているのか、今年の最後にだんだん見えてきたような気がします。来年の一年で、そちらの方に大きく道をすすめられたら、と考えています。
あまりにも壮大すぎる理想なので、どうしたらいいのか迷うことばかりだと思いますが、よくわかんないことやってても、横目で見守っていてくださいましね。


それにしても。
コパチンスカヤさんのヴァイオリンの弾き方は素晴らしいなあ。野性味と情熱と可愛らしさと。。。そして巨乳。この人は舞踏やっても本能的にすげぇ踊れそうだなあ。。。名前も覚えやすそうだし。。。

さらには。
フェイスブックで知りましたが、紅白で「ゲラゲラポー」を歌っていたキングクリムソーダの女の子、友人であり「奥様はスパイ」のボスである円道一成さんのお弟子さんだった。紅白、その前後だけ見ました(笑)
お三方とも素晴らしい歌声。
B.B.クイーンズといい、こういうの好きかもです。 
実力がないと崩すことはできない、ということを再認識できますよね。 
わたしも本物にならないと。。。と、いてもたってもいられない気分にさせてもらえます。 

来年はちゃんと歌も学んでいかねば。
いろんなリクエストもあるし、レパートリーも倍にはしたいなあ。。。
英語もやりたいし。。。うぎゃ~。。。


ともかく、今年の続きであり、新たなる挑戦でもある来年、平成27年。
みまさまにとっても、新たな発見と、実りの多い年でありますように。。。

それでは、佳いお年をお迎えください!! 

とても若い友人が亡くなった。
若い人のガンは進行が早いというが、
やはりものすごい速度なのだろう。
トラブルは「起こってからでは遅い」。
よく言われる言葉だが、若年のガンはその最たるものだ。

目指すものがあるとき、人はそちらに気を取られる。
それが成し遂げられて安定したら、身体を労おう。
それまでは少し無理をしてでも。みなそう思う。

他人事ではないね。
体温を上げ、代謝を促す。
気がつく前に、流す。


いつ死んでもいいように、なんて、
思っていてもそうそうできるものではない。

いつ死んでもいいように周りを整えながら、
20年先まで生きていてもいいように計画を立てる。
長持ちするように体内を整えるという行為は、
身を清め未練を断ち切る精進潔斎に繋がる。
両立できたとき、それは武士道なのかもしれない。

↑このページのトップヘ