昨日、八戸学院大学短期大学部にて、
センセーやってきました!(笑)
90分1コマだけとはいえ、短大で講師。
うひー緊張した((((;゚Д゚)))))))

しかも、短大の外崎学長が見学にいらっさるというハイプレッシャー付き。。。
でも最後まで楽しく見てくださってたみたいでよかったよおおお( ;∀;)
IMG_1953
IMG_1955

-----
ライフデザイン学科、三岳講師のお誘いで実現した今回の授業。
短大一年生13人を前に、
「地域の社会資源を掘り起こす」
~自分の街で『まちおこし』イベントを作ろう〜
というテーマで、ワークショップを含む90分の講義でした。

県南地域の「場(場所、施設、エリア)」と、
様々な「要素」を挙げてもらい、それを発想のきっかけとして、
地域おこし的なイベントを考えてもらうという内容。

はじめは少し大人しめだった生徒たちも、
私の八戸での活動を30分ほど聞いて、
さらにブレインストーミングが始まったあたりでだんだんと声が出てきまして、グループワークでは活発な議論が!

様々なアイデアを出し合う中で、普段発言の少ない生徒さんもちょっと積極的になってくれてたみたい。
IMG_1956
IMG_1957

どうやったら生徒達が積極的になってくれるかを最大の課題として、三岳先生と授業を練ったので、こーゆーのマジウレシス。

学生時代の先生達も、こんな思いで授業を組み立てていたんだろうなあ。。。(もちろんそうでない先生もいましたがw)

最後に各班から出てきた3つのアイデアは、本当に実現したらイケるんじゃないかというものばかり。
時間の関係で「ターゲットうんぬん」については省いたにもかかわらず、きちんとターゲットが考えられていたのは驚きました。

さらには、イベントのタイトル付け。
これってかなり重要で、難しいものなのですが、またこれもセンスを感じるものが出てきまして、普段から言葉のリズムを捉えているんだなあと感心しきりでした。

-----
最後に、私のメッセージとして、
「みんながリーダーになる必要はない」
ということを伝えました。

みんなが「アイデアマンになれ」「起業家になれ」「リーダーになれ」と言われがちな昨今。
でも本当に必要なのは、そんなリーダーを支える側の「アイデア脳」だと思うのです。

リーダーがいろいろと発案しても、スタッフがポカーンとしちゃったり、面白みが伝わらず面倒がられてしまうと、実行への道のりは大変険しいものになります。

「事務仕事だから、作業仕事だから、発想力は要らない」
「発想力は、何かを変えていく為に必要なもの」
なんて思いがちですが、
「今私がやっている仕事は、こんな面白いプロジェクトの一部なんだ」と思える感覚も、十分に発想力が必要だと思うんですよね。

今回の授業で、「控えめな子も活発な子も、みんな等しくワクワクしていーんだよ!!」と伝えられたならサイコーに幸せです。

そして、「控えめな子って実は、アイデアが脳内に渦巻いていることがある」ってのを、リーダー資質のある子に気付いてもらえたら、さらに幸せです。

-----
今回の講師体験は、人に何を伝えたいかだけでなく、どうやったら伝わるか、という実践部分を勉強する、大変貴重な機会になりました。

また次の機会があるかは分かりませんが、
人に何かを伝えて行くために、勉強していきたいと思います!

三岳先生、生徒のみんな、外崎学長、
本当にありがとうございましたーーー!